auひかり乗り換え情報
auひかり乗り換え情報
  1. ホーム
  2. その他
  3. UQモバイルのデータ通信速度を計測してみた衝撃の結果とは!

UQモバイルのデータ通信速度を計測してみた衝撃の結果とは!

今回の記事はauひかりとは離れてしまうのですが、KDDIグループで無線データ通信事業を行うUQコミュニケーションズの「UQモバイル」を使い始めたので通信速度のレポートをシェアしてみたいと思います。

3大ケータイキャリアの高額利用料金に不満を持っている人にとって、格安SIM業者の登場と、その低価格料金には衝撃が走りましたよね。現在支払っている月額利用料金が、格安SIMへの乗り換えで半分以下になる人も多いのではないかと思います。

毎月8,000円前後のケータイ利用料金を支払っている人が多いと思いますが、たとえば、格安SIMのUQモバイルを利用すると、月額3,000円程で済んでしまいます。60%以上の固定費を削減できてしまうのです。

これは無視できない料金差だと思い、乗り換えを視野にUQモバイルについて調査をしてみました。利用料金やサービス内容はWebページにまとまっている(UQモバイルの特徴や利用料金はこちら)ので何も心配は無かったのですが、格安SIMといえばデータ通信の品質が気になるところです。

いくら安くても繋がらない・遅いでは意味がありません。実質速度はどのくらいなのか、昼と夜の速度に大きな違いがあるのか、速度制限がかかった場合の速度などです。こればかりは実際に体験してみなければわかりません。

ということで、解約違約金の掛からないデータ通信プランの申し込みをしてみました。これから長期間の契約をするかもしれない会社のサービスですからね、事前調査はお金を払ってでもしっかりやっておかないと気が済みません!

このような封筒や書類が届きました。中身はSIMカードと数枚の書類というシンプルなものです。契約内容等はUQモバイルWebサイトのマイページで確認できますよ。

UQモバイルが公表している通信速度とは?

UQモバイルの通信速度は、他の格安SIMの速度と比べてみても圧倒的に速いですね。

UQモバイル公式発表の通信速度

※本調査結果は、当該調査時の条件下でのデータであり、電波の状況、利用される場所などにより異なります。
※MMD研究所「2017年2月格安SIM・格安スマホ通信速度調査」より全国主要3都市の平均ダウンロード速度の調査結果から、6社を抜粋し、UQコミュニケーションズにて加工・編集したものです。

上記スピード結果グラフの基になっているMMD研究所の調査結果は、下記のWebサイトから確認できますよ。
→ 2017年2月格安SIM・格安スマホ通信速度調査

UQモバイルを実際に使ってみた衝撃の速度結果とは!

UQモバイルが公表している通信速度はわかりましたね。それでは、私が実際にUQモバイルの申し込みをして計測した速度結果をご覧ください!

これは平日の屋外で計測した速度です。商業ビルやオフィスビルが立ち並ぶ場所なので、ケータイ利用者もたくさんいたと思います。下り速度が23Mbps近くも出ていました。かなり速いですね。有名ケータイキャリアの通信速度より速い値です。応答速度を表すPING値も36msと快適な値ですね。

こちらは地下3階相当の地下道で計測したものです。地上からかなり遠い場所での計測でしたが、下り95Mbps近くの速度が出ました!ブースターでもあるのでしょうか。この速度にはビックリしましたね。光回線でもなければ体験できない通信速度ですよね。これだけの速度が出ていればWebページの確認も動画閲覧も問題ありません。実際にYouTubeを再生してみましたが、カクつきのないスムーズな動画再生ができましたよ。

こちらは、新宿駅地下構内改札付近の人が密集する場所で測定しました。人が多過ぎるので速度が落ちるだろうと思っていましたが、20Mbps近くの速度が出ました。安定感がありますね。

夜間の通信速度を計測してみました。屋外です。通信利用者が増えはじめる時間帯だと思うのですが、それでも下り35Mbps近くの速度が出ました。

夜間の地下道(3階相当)で計測したものです。UQモバイルが公表している通信速度を超える55Mbpsが出ました。早朝に計測した時は95Mbpsが出ました。光回線以外では見たことがない速度ですね。UQモバイルの高速で安定的な通信に満足した瞬間でした。

夜間の新宿駅地下構内改札付近の人が密集する場所で測定しました。下り約23Mbpsも出ました。早朝に計測した時も20Mbps近く出ていたので、UQモバイルの安定感はすごいなと思った瞬間でした。

UQモバイルは、上記のようなハイスピードモード以外に節約モードという低速通信に切り替えることもできます。専用アプリを用いてボタンを押すだけで切り替わります。

「パケット通信を使いすぎかな、ちょっと抑えないとなぁ」という時に自分のタイミングでいつでも切り替えてコントロールできますよ。

上記のように節約モードは確かに遅い速度なのですが、メールやLINEのチェックに困ることはなかったですね。

3大キャリアへの不満から格安SIMの調査を始め、UQモバイルのデータ通信プランを実際に申し込んで調査をしてみました。結果は、安定した高速データ通信を体験することができ大満足しています。この記事を書いている今、3大キャリアからナンバーポータビリティで乗り換えの真っ最中です。

余談になりますが、UQモバイルの申し込み特典として5,000円のキャッシュバック特典を貰えるというサプライズがありましたよ。5,000円のキャッシュバック特典を貰うためには、UQモバイルの指定プランに加入する必要があるのですが、電話とデータ通信のセットである「おしゃべりプランまたはぴったりプラン」であれば対象になります。端末購入申し込みでもSIMカードのみの申し込みでも大丈夫なので、ほとんどの申し込み者が対象になれるでしょうね。

3大ケータイキャリアに不満を持っていて格安SIMのオススメを知りたい人、UQモバイルの詳細を知りたい人、5,000円のキャッシュバック特典を貰ってUQモバイルに乗り換えたい人は、まずは以下のバナーからキャンペーンサイトを確認してみましょう!

© 2016 auひかり乗り換え情報